スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/30 コブクロファンフェスタ2007!! in 和歌山ビッグホエール 【MC編】

コブクロのライブ最大の魅力といえば…

M-1優勝も射程圏内な芸人顔負けの面白MC(^3^)



最近のツアーでは御新規さんを意識して以前よりアホ度を抑えているような感じでしたが、ファンフェスは実家であるというくらいのライブなので、久々にいい意味で内容のないアホ話の垂れ流しを聞けてホクホクでしたw
しかも個人的に2007年初コブクロライブでしたしw

私の記憶の限りで、そんなMCをレポろうと思います~。

《最初のブロックのMC》
【どこからきたの?コーナー】
今回は和歌山でのライブなので、関西地方の県を和歌山から順番に聞きました。
2番目に大阪を聞いたのですが、「阪和線の人!」「阪和道を使った人!」「南海の人!」と、和歌山入りのルートを細かく聞く黒田君。
色んなルートを挙げた最後に冗談交じりで「チャリの人!」と笑いながら言ったら…

客「はーい!!」
2人「えっ!?うそ!!」
客「娘と3人で来ましたー!」
小「3人乗りー!?ドロンジョ・トンズラー・ボヤッキーじゃ!?」


ここでタイムボカンの3悪が退散するときのあのチャリを引き合いに出したので、こーゆーアニメネタにツボる私とOさんw

ここから脱線して、黒田君が東京で見た2人乗り自転車をいつも乗ってる夫婦の話へ。
いつも2人で乗ってるのに、ある日夫ひとりで2人乗り自転車に乗ってたそうなw
「後ろには思い出を乗せている」とポツリ小渕君のツッコミもナイスw

「こーゆー自転車って“関西サイクルスポーツセンター”でしか見たことない」と黒田君が言ったら、ローカルネタに場内爆笑。
このサイクルセンターのCMソングも歌ったら、やっぱり地元故大爆笑でした。

再び関西地方の県を順番に小渕君が言い、お客さんは挙手。
神戸・京都・奈良…と順調に進んだところで

「しずっ…」

“滋賀”というところで思いっきり噛んでしまった!
すかさず黒田君から「“しずっ”って!」と突っ込まれたら…

小「しず…かちゃんは最近何してるかな~って」
黒「声が変わっててんやわんやだと思うよ」


気を取り直して改めて「滋賀」のコールで滋賀県民挙手。
そしたらステージ下手側を黒田君がクルッと向いて
「ハマゲ手ぇ挙げ~!お前神戸ぶってるけど滋賀だろ!!」
と、ハマゲ恫喝して滋賀のときに挙手させてましたw

関西全県終了してから、恒例の「遠くから来た人ー!」で客席が各々自分が来た地域を叫ぶ時間。

「ここは思いっきり叫ぶときです」
「部長~!もうコピー取りたくないですっ!!」


なぜOL(^^;)ホントベタベタなOLコント好きだよなぁ~この人たちw


【メンバー紹介】
最初にベースのヤマダマンを紹介したとき
「頭が2巻までの悟空みたい!」
この小渕君の紹介には、黒田君も客席も「?」でございました。
何をもってヤマダマンが悟空(しかも2巻まで)に見えたんだろうか(苦笑)


《2番目のブロックのMC》
「自販機でジュースを買うなど身近なものを題材にして曲を作りました」と、次の曲が初披露な新曲であることを小渕君が説明したら、場内から割れんばかりの拍手と歓声☆
この曲について「タイトルは9割9分9厘決まっていて、届出を出す直前みたいな感じで…」とまだタイトルもついていない旨を紆余曲折説明して中々先に進まない。

黒「タイトル『9割9分9厘』『まだ決まってない』にしろっ!」

さすがにこのどちらも嫌だったのか、9割9分9厘決まっていた『コイン』というタイトルを披露♪

新曲を初披露する直前のMCは、緊張のあまり長くなったり回りくどくなってしまう傾向のある小渕君。
そのため、曲に入るキッカケが何度もあるのに再び曲説をしだして横にいる黒田君的には「ぅおいっ!」となってしまうらしい。
そんな小渕君を気遣ってか「コブクロ水飲んどき~!」と、グッズで売ってたコブクロラベルのペットボトルの水を差し出す黒田君。

黒「この水は、社長が井戸から汲んだ水で…よく見たら“熊本”って書いてあるw」

そんなやりとりで多少小渕君の緊張が解きほぐされ、無事に7曲目の『コイン』演奏に入りました。


《3番目のブロックのMC》
MC冒頭で小渕君が満面の笑みで客席に向かって「コインいいでしょー!」「好きな感じでしょー!」と好評価の感想を半ば強制(苦笑)
そのあと、真面目語りで、「心の中でつかめるようでつかめないもの=夢・恋愛」と言い、「つかめないものだから、僕は夢や恋愛の歌を作るのが好きです」と。

このブロックは小渕君の真面目語りのみで、黒田君は黙って下を向いていただけ。
そーゆーときって、黒田君はこの後控えている曲のために力温存してるんだな~と、Oさんと察しておりました。


《本編ラストMC》
【『蕾』明けの小渕君の真面目語り】
遠くに住んでいる父や姉、今は天国にいる母など、家族について周りの人に話したい…みたいなことを言ってました。
『蕾』ラストで崩れるように泣いてしまった私にとって、家族のことを語るというこのMC内容も嗚咽を更に増幅させる要素となってしまいました。
しかも小渕君がお母さんのことを具体的に「天国にいる」という表現を使うことって滅多にないから、それも私自身の環境とも重なって涙と鼻水が止まらなかった(;_;)

Oさんが背中をさすってくれたり、追加のティッシュを出してくれたりで、少しずつ涙も引いてきて気持ちも穏やかになりつつあるときに、この真面目語りも終わって場内から割れんばかりの拍手です。
私もやっと落ち着いたので少し拍手をしました。

そんな中…
ふぁ~ぁ!

いきなり生あくびの真似する身長193cmの大男!!!
この生あくびがあってこそコブクロのコンビとしてのバランスだよな~。
おかげさまで楽しい気分のライブに戻れましたよ。


【ファンフェスについて】
「来年は海沿いで釣りしながらやりたい」とか、駅からホエールまで続く道案内のコブクロのぼりに対して「相撲取りの巡業」とツッコミを入れたり。

朝、車でミノスケの前を通り過ぎた黒田君。
とにかくものすごい人でビックリ!しかも皆写真撮っててビックリ!と。
「俺らのこーゆーパネルが置いてあって…」と、コブクロ号の前にあるソファーに足組んでちょい斜めにカッコ良く座ってるパネルのポーズを真似始めた。

その真似をしたとき、足を小粋に斜めに出して、かかとをちょっと立てたので
某世界的有名ネズミのポーズみたいとw

ここから脱線してそのネズミの話へ(笑)
「俺が入ったらこの辺がでるわ」と、おなか周りとスネのあたりを指し示す黒田君。
「おかーさーん、あのミッ●ー何か出てるよー」
「見るんじゃありません」
…と、親子の様子を一人芝居する小渕君。

思いっきり“人が入ってる”前提で世界的有名ネズミを語りだす2人。
しかし途中で小渕君が「ミッ●ーの中には人なんか入ってなくてミッ●ーだ」と言い、着ぐるみを脱ぎながら世界的有名ネズミの声真似をしてました。この声がまた微妙に似ててw

この声真似を聞いた黒田君
「なぁ…ミッ●ーも声変わるのかな?ドラえもんみたいに」
と、冒頭MCでのしずかちゃんが声が変わっててんやわんやの続きに。
声が変わる=声優さんが代わるなのに、何を思ったか小渕君、ドラの声&台詞まわし(大山のぶ代ver)で、世界的有名ネズミを演じてました。


かなり長い脱線ののち、ファンフェスの別の意味でのメインイベント
マグロの解体ショーについて!
会場に約7000名いるのに「マグロの解体ショー」を見たのがパラパラしかいなくってちょいご立腹な様子でした。

もうここからはただただ「マグロ」と言いたいだけみたいで、今年の正月にテレ朝で渡哲也がやったドラマの告知の
「マグロ!」という力強いあの一言についてかなり熱く語ってました。

あの渡さんの「マグロ」はおでこからマグロが飛び出てくるくらい力強いといい、黒田君なりに渡さんのタメを何度も真似ながら

「ん…マグロッ!」

こればかりひたすら繰り返し、そのうちドンドンエスカレートしていき、2人でマグロ連呼しまくったかと思いきや

「ハマチ!」
「イワシ!」
「メダカ!」
「トノサマバッタ!」


最後は魚じゃないやーん。
この内容の無さ、最高じゃ☆


【今日は何の日?】
黒田君が小渕くんのにこの質問を投げかけたので「昭和の日の振替休日」と真面目に答えたら、「いつまで昭和を振り返ってるんか!」と一喝(ひでぇ)
確かに振替休日であってるのに、違うという黒田君。
客席にわかるか聞いたら、客席から叫ぶようにその答えが。

客「スマスマの日ー!」
小「カレンダーに載るかっ!そんなん!」



【スマスマ収録話】
ちょうどこの日の夜10時に、コブクロ出演のスマスマが放送。
しかしOA前なので「知りたいやろ…教えへ~んw」を繰り返し、知りたがる客席をいじめる黒田君。
この「教えへ~ん」の言い方が、いい意味でアホっぽくて最高w
一応OAに触れない程度に、収録の裏話を語ることとなりました。

紅白でSMAPとは一緒になったことがあるが、すれ違ったり挨拶する程度。
しかも2人とも小市民故、紅白の廊下で歩いてくるSMAPを遠巻きにみて小声で「SMAPやー!」「あ、キムタク!」と言うくらいしか出来なかったと。
今回初めてしっかりした共演となったが「おはようございます!」と挨拶を交わしてからも、何も話しかけることもできず2人でちんまりしてたそうな。
そのちんまり具合を即興でショートコントで演じてくれて、微妙な“間”が良かったwあんたら芸人だよ。

今回、キムタクから黒田君に話しかけてきたそうな!!
その様子を見てた小渕君もスタッフも「何話した?」と、オフィスの噂話に華を咲かせるOLみたいに、小走りで黒田君に駆け寄って聞き出そうと。
キムタクが「キー高いですね」「難しいですね」と、曲について話しかけてきたので
「ええ…小渕の歌は息継ぎないんですよ。ははは…」
これ以上は会話が続かなかったし、何かどうすれば良いかわからなかったみたい。

収録の合間、小渕君がギターを軽くつまぶいていたときのこと。
そのメロディーにあわせてなんとっ!!!
キムタクがその曲を歌ってくれたぁ~♪

歌い進みキムタクはその歌のBメロを口ずさんだが
「最初しか弾けへん…Bメロわからへん…(T_T)」

せっかく自分のギターに合わせてキムタクが歌ってくれたのに…
「嬉しさと、せつなさと、心強さと」

なぜか篠原涼子with小室哲也(懐)
この小渕君のボケに対して、KT=小室哲也=木村拓哉とナイスフォロー。
そして「俺のおとんもKT!黒田たつや…俺よりも17歳」と、突然のおとんネタがきたしw


OAは10時からなので見てくださーい!みたいな告知になったとき、客席から「野球で延長するかもー!」と。
「そんなん今のDVDなら勝手に調整してくれるだろ!昔のビデオだと…」と、ここから黒田おかんネタ。
ドラマ「とんぼ」をビデオ入れてと頼んだんだが、明らかに10時過ぎてもドラマが続いてるのに、ビデオがここでブチッと終了したので、おかんに「ふざけんな」と。
それで喧嘩になって家を飛びだし自分がとんぼにw


【来年のファンフェスリクエスト】
客席に「何したい?」「何置いてほしい?」と尋ねたら、前方から「梅うどーん!」と叫び声。
「ふんふん、梅うどんね」みたいに軽く相槌うってたら、

客「インターにもあるー!」
黒「何いうてんの?」
客「インターにもあるぅぅー!!」
黒「ほれ、他の客ドン引きやん」


自分から振っててヒデェ。この横暴っぷりw
この流れで「インター」は大声では言いにくいという話になり、「ん」があるものは大声では言いにくいとなり、

「インター!」
「オレンジレンジ!」
「俺んちにオレンジレンジが~!」


ひたすら「ん」がついて大声でいいにくそうな言葉を叫ぶ黒田君。
それを受けて小渕君も復唱して「ほんまや」といいにくさを実感し、自分なりに「ん」がついていいにくい言葉さがして…

「あんぽんたん!…あ、これいいやすい」

どうやら「ぽ」がいいやすさを醸し出しているそーな。
んで、「インター」絶叫で、肝心な来年のフェスリクエストは流れてしまいましたとさ(^^;)


【.comコール】
コブクロライブ恒例「コブクロ.com」をみんなで大声で復唱するコーナー。
座ってた客席も声出しのために立ち上がり、さぁこれから叫ぶぞ!というときに

黒「コブクロ.comじゃなくて“マグロ”で」

ここで再び渡さんのように脳天からマグロが浮かび上がって飛び出すように何度も叫ぶ黒田君。
客席にもこうやってやるようにと、渡節をかなり熱く語りだす。
そんな黒田君に対して小渕君も「先生!」と崇めだした。

先生もウォーミングアップでなぜか「わたしのぉ~お墓のぉ~前で~ 泣かないでください~♪」と、『千の風になって』でウォーミングアップするしw

ウォーミングアップも終了したのに、タメの長い先生。
そのタメの長さを「“おさむちゃんですっ!”状態やな」と言い、『アメトーク』で30分まるまるおさむちゃんのタメだけで番組終わったときのことを話した小渕助手。

これで先生の精神集中も完了し、脳天からマグロでるかっ!?



「マグロ飽きた…」



(; ̄Д ̄)

結局普通に「コブクロ.com」コールでMC終了して、盛り上がりゾーンに突入しましたとさ。


ここまでの長文駄文を読んで下さりありがとうございましたm(_ _)m
己の記憶が頼りなので、若干ニュアンスが食い違っていたり、抜けている話があっても許してくださいませ。

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

美泉

Author:美泉
好きなものや趣味の為に生きる元江戸っ子・現ハマっ子
詳しくはリンクをクリックして「夢の番茶!?茶房」を見てくんなまし

そらジロー天気@横浜
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
最近の記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。